QスイッチYAGレーザーのメリット

QスイッチYAGレーザー

Qスイッチ-YAGレーザーは532nmと1,064nmの二つの波長の光を出すことができます。
532nmは、メラニンの吸収率が高く、皮膚の浅いところにとどまるので、皮膚の浅いターゲットに効果があります。(老人性色素斑、そばかすなど)
1064nmは、皮膚の深部に到達するので、皮膚の深いターゲットに効果が期待できます。(後天性真皮メラノーシス、刺青、太田母斑など)
レーザーによって照射された強力な光がしみの原因となる皮膚の異常なメラニン色素のみを選択的に除去します。また、1064nmの波長のレーザーを低出力で照射する事で肝斑や炎症性色素沈着の治療も可能です。(当院のレーザーは保険適応外となります)

QスイッチYAGレーザーで可能な治療

表在性のしみ治療

  • 老人性色素斑
  • 雀卵斑

深在性の色素斑治療

  • ADM後天性真皮メラノサイトーシス
  • 太田母斑

タトゥー除去

黒・茶・緑・青・赤・橙色 etc… 全色対応

LUTROトーニング

  • 肝斑治療
  • 色素沈着治癒促進

SPECTRAピール

Longパルス1064YAG中空照射

  • 小皺や毛穴
  • ニキビ治療
  • 美肌治療
  • 爪白癬

LUTROピール

ナノ秒Q1064YAG中空照射

  • そばかすや色ムラ等の色調改善
  • 美白治療

デュアルピール

SPECTRAピールLUTROピールを組み合わせた照射

  • 美肌
  • 美白
  • しわ
  • たるみ

表在性のシミの治療の流れ

1. 個別のしみにレーザーを照射
個別のしみに3mmスポットサイズでレーザーを照射します。
照射部位に輪ゴムで弾かれる程度の痛みを感じますが、特に表面麻酔を使用する必要はありません。個人差はありますが、照射後ヒリヒリとした感じが多少残ります。
レーザーを照射のイメージイラスト
2. レーザー照射後の処置
レーザーを照射した部位をテープで保護します。テープは何度か貼りかえが必要になりますが、次回のご来院まで貼り続けてください。
テープをしたままでの洗顔や、入浴、普段のお化粧など可能なのでご安心ください。
約2週間後にご来院いただきます。テープをはがして照射部位の様子を確認します。しみのあった部分はかさぶたになりテープと一緒に剥がれ落ちます。
多少かさぶたが残っている場合には無理に剥がさず、洗顔等で自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。無理に剥がすのは新しいしみの原因となることもあるのでご注意ください。
3. アフターケアについて
治療のデメリットとして、照射部は約1~2ヵ月程度炎症による赤みが生じます。また赤みが消失した後に炎症性色素沈着で一時的にシミが濃くなったように見える事があります。適切なケアをする事により半年~1年程で薄くなってきます。
アフターケアの方法として、日焼けの予防と保湿が重要です。
炎症性の色素沈着が目立つ場合はハイドロキノン外用やビタミンC,トラネキサム酸の内服などをお勧めする事もあります。

QスイッチYAGレーザーのメリットについて

大抵のシミは1回の治療で取れる事が多いです。しかし、濃いシミや深いシミなどは2、3回照射が必要な場合があります。
正常の皮膚は傷つけずにシミの部分のみに照射し治療します。

QスイッチYAGレーザーのリスクについて

アフターケアでもご説明の通り、施術後にはかさぶたができるので自然に剥がれるまでは保護しなくてはなりません。万が一かさぶたが無理に剥がれてしまうと症状を悪化させてしまう恐れがあります。
自然にかさぶたが剥がれ、しみが消えても日頃から肌は紫外線にさらされているので、再びしみができることを完全に防ぐことはできません。
また、しみの種類によっては逆にしみを濃くしてしまう可能性があります。
炎症性色素沈着で一時的に濃くなる事があり、アフターケアを十分に行う必要があります。

しみ取りレーザー費用

しみ取りレーザーの費用は以下の通りとなります。

(税別)
しみ 5mmまで 5,000円
1cm2あたり 10,000円
ルートロトーニング 全顏 10,000円
肝斑部のみ 5,000円
スペクロラピール   12,000円
ルートロピール   12,000円
デュアルピール   20,000円