CO2レーザー

レーザー

CO2レーザーは主にほくろや老人性イボ(脂漏性角化症)、尋常性疣贅などの隆起性皮膚病変の治療に用います。
メスで切除するよりも傷を最小限に抑え、出血もほぼない為手軽に受けらえる治療です。できものの大きさや場所によってはメスで切った方が綺麗になおる場合もあり、それぞれの治療のメリット、デメリットを説明し納得のいった治療を選んでいただきます。
また、当院のCO2レーザーにはフラクショナルレーザーの機能もあり、にきび跡の陥凹や傷跡や小じわ、毛穴の治療も行えます。

ほくろの除去について

ほくろの除去は元となる母斑細胞を完全に除去することが必要となりますが、顔のほくろの場合できるだけ傷痕を残さないため必要最低限の範囲を除去することが重要です。CO2レーザーは、水によく吸収される性質があるので、ほくろの内部に入り込んで組織を分解します。
但し、大きいほくろや根の深いほくろについては一度に除去すると皮膚組織への負担が大きいので、凹みが残ってしまう可能性があります。
そういったデメリットを極力避けるため、無理なく2~3回に分けて治療を行い徐々にほくろを縮めて取り除く方法を行っています。
イボは比較的浅いところに存在する為、ほくろ程深く削らなくても切除が可能です。照射直後は擦りむいたような傷になります。

ほくろ除去の治療の流れ

1. 診察
始めにほくろの大きさ、深さなどの形状や色を確認します。悪性変化の疑いがなければレーザー照射による除去を行います。
2. ほくろにCO2レーザーを照射
対象のほくろにCO2レーザーの光線を照射します。ほくろの組織内にある水分が、レーザーの光を吸収して膨張します。その後膨張したほくろの細胞は内圧によって一瞬で蒸散します。
この時にほくろの周囲血管が熱凝固作用を起こすので出血することはほとんどありません。
3. アフターケア
照射後の皮膚は深く破壊されて凹んでいます。小さなものであれば外用剤を塗布し傷を保護する絆創膏を貼ります。絆創膏は毎日の洗顔後などに新しいものに交換してください。
およそ2~3週間ほど経過すると凹んでいた部分の皮膚が上皮化し平坦に戻ってきます。
凹みが強い場合は硬いシート状のもので圧迫を2、3ケ月行う事もあります。

CO2レーザーのメリット

ほくろを手術で切除するとホクロの直径の2~3倍の傷跡が残ります。
場所によっては元のほくろよりも傷跡の方が目立ってしまう事があります。CO2レーザーでの切除では傷跡を最小限に抑えて切除できます。

CO2のリスクについて

  • 照射後2~3週間絆創膏で保護が必要です。
  • 傷跡を最小限に抑える為に切除に治療を数回要する事があります。
  • 場所や深さによっては傷跡が肥厚性瘢痕やケロイドになる事があります。
  • 大きなホクロや深いホクロは陥凹が残る事もあります。

CO2レーザーではほくろ以外にも脂漏性角化症(老人性イボ)や尋常性疣贅(ウイルス性のイボ)なども治療が可能です。
また、当院のCO2レーザーにはフラクショナルレーザーの機能もあり、ニキビ跡の陥凹や傷跡や小じわ、毛穴の治療も行えます。

CO2レーザー費用

CO2レーザーの費用は以下の通りとなります。

(税別)
ほくろ 1mm大 3,000円
1~2mm 5,000円
2~5mm 10,000円
5mm以上 要相談
イボ、脂漏性角化症 5mm以下 5,000円
5~10mm 10,000円
10mm以上 要相談